EXHIBITION

オンライン展示会

  • HOME > オンライン展示会
内容は第63回さっぽろライラックまつりでのオンライン展示会のアーカイブです

第63回さっぽろライラックまつりでは、例年5丁目各種行事でご協力をいただいている団体の活動紹介として、オンライン展示会を行います。
また、さっぽろライラックまつりの盛り上げに貢献いただいているライラック娘の活動についてご紹介します。

文化作品展示

協力:札幌文化団体協議会

絵画、書道、切り絵、陶芸、川柳、彫刻等の文化作品や、バレエや日本舞踊等のステージイベントの様子を紹介します。
また、2021年8月に開催予定の「第50回記念Sapporo ぶんだんきょうフェスティバル」についても紹介します。

Sapporoぶんだん
きょうフェスティバル

展示 exhibition

札幌を代表する作家の作品が一堂に介します
お茶やいけ花の流派も、勢揃いでお出迎え

2021年 8/20(金)~22(日)

札幌文化芸術交流 センターSCARTS

舞台 stage

バレエ・モダン・ヒップホップ、日舞・吟剣詩舞・能楽など
バラエティーに富んだハイレベルな舞台を体感ください

2021年 8/7(土)~8(日)

札幌市教育文化会館

体験教室・スタンプラリーもあるよ!

主催:札幌文化団体協議会

第50回記念 Sapporoぶんだん
きょうフェスティバル

※写真は前回のイメージです

「a woman with two dragons」「孔雀の間にて」「兎を抱く婦人」西田陽二

「a woman with two dragons」「孔雀の間にて」「兎を抱く婦人」
西田陽二

「IRODORI 茜」和紙染色画 細川久美子

「IRODORI 茜」和紙染色画
細川久美子

「歌会始2020」 大沼昭夫

「歌会始2020」
大沼昭夫

「パターン」若月まち子

「パターン」
若月まち子

「裸婦」林春生

「裸婦」
林春生

「街・祭・舞」内藤克人

「街・祭・舞」
内藤克人

「赤富士」円谷廣幸

「赤富士」
円谷廣幸

「魅惑のタンゴ」大久保美里

「魅惑のタンゴ」
大久保美里

「ほほえみ」中野北溟

「ほほえみ」
中野北溟

「岩谷莫哀の歌」阿部和加子

「岩谷莫哀の歌」
阿部和加子

「福寿を祈る」小原道城

「福寿を祈る」
小原道城

作品12枚目
作品13枚目
作品14枚目
「夏の思い出」加藤正叙

「夏の思い出」
加藤正叙

「Re-birth」下沢敏也

「Re-birth」
下沢敏也

「芽」中島勇

「芽」
中島勇

「ネェダンナサンあるいは木花」阿部典英

「ネェダンナサンあるいは木花」
阿部典英

「無題(tunagari)」谷口明志

「無題(tunagari)」
谷口明志

「月読み」壹岐伸子

「月読み」
壹岐伸子

「層」大石俊久

「層」
大石俊久

「a biessing-RASEN-」中島郁美

「a biessing-RASEN-」
中島郁美

「シンワハルカナルヤマノ」松井茂樹

「シンワハルカナルヤマノ」
松井茂樹

「無題」梅田力

「無題」
梅田力

Fe.dance studio

Fe.dance studio

V.A.バトンチーム

V.A.バトンチーム

Modern Dance SRD

Modern Dance SRD

TAKAKO Classical Ballet

TAKAKO Classical Ballet

能藤玲子創作舞踊団

能藤玲子創作舞踊団

札幌舞踊会バレエスタジオ

札幌舞踊会バレエスタジオ

阿部衣梨子バレエスタジオ

阿部衣梨子バレエスタジオ

UCフロンティア札幌

UCフロンティア札幌

ダンススタジオ マインド

ダンススタジオ マインド

北海道インターナショナルバレエ・ダンスカンパニー

北海道インターナショナルバレエ・ダンスカンパニー

落合バレエスタジオ

落合バレエスタジオ

枡谷博子バレエスタジオ

枡谷博子バレエスタジオ

踊翠流剣詩舞鶴双会

踊翠流剣詩舞鶴双会

北海道プロ・ダンス・インストラクターカンパニー

北海道プロ・ダンス・インストラクターカンパニー

日舞・若柳流旭甫会

日舞・若柳流旭甫会

日舞・西川流之恵の会

日舞・西川流之恵の会

日舞・若尾流若尾会

日舞・若尾流若尾会

札幌能楽会

札幌能楽会

© フォトワークス © サカエフォト

茶道流派の
活動紹介展示

協力:札幌文化団体協議会

5丁目野だて行事にご協力いただく予定だった茶道流派ごとに、日本古来の煎茶・抹茶の魅力を紹介します。

さっぽろライラックまつり 野だて紹介

さっぽろライラックまつりと野だて さっぽろライラックまつりと野だて

さっぽろライラックまつりと野だて

「野だて」とは野外に茶席をしつらえ、自然に接しながら茶を楽しむことです。さっぽろライラックまつりにおける野だての歴史は古く、1975年開催の第17回から始まり、以来継続して行われてきました。
さっぽろライラックまつりでの野だては札幌文化団体協議会に所属している以下流派の協力を受けて行っております。

・抹茶
大和遠州流茶道静月会 札幌支部
(一社)茶道裏千家淡交会 札幌支部
表千家同門会札幌支部
・煎茶
煎茶道竹峯流
(公財)煎茶道方円流 札幌支部
野だての楽しみ方 野だての楽しみ方

野だての楽しみ方

さっぽろライラックまつりの野だては、例年大通公園西5丁目会場の開催期間中の土日に、1席200円の利用協賛金で実施され、気軽に各流派の作法を楽しむことができます。

第63回さっぽろライラックまつりの「野だて」は昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染状況に鑑み、残念ながら実施見送りとなりました。
代替行事として公式ウェブサイトで各流派の紹介を行いますのでお楽しみください。

日本茶インストラクター協会北海道支部 日本茶インストラクター協会北海道支部

日本茶インストラクター協会北海道支部

日本茶インストラクター協会北海道支部では、日本の伝統的な飲み物である日本茶の魅力を皆様にお伝えすべく、一年を通じて全道の会員が様々なイベントや教育機関等で活動しています。

ライラックまつりには2007年から「らいらっく茶屋」というブースを出展し、北海道では見ることが出来ない伝統的な製法である手揉み茶のデモンストレーションやご家庭で美味しくお茶を淹れる方法を解説しながら呈茶ていちゃを行ってます。 

日本茶インストラクター協会
北海道支部長 草間こずえ

大和遠州流茶道静月会札幌支部 活動紹介

静月菴にて 故 20代家元 蓼沼一豊 宗匠

静月菴にて 故 20代家元 蓼沼一豊たでぬまいっぽう 宗匠

野点 三木席

野点 三木席さんぎせき

大和遠州やまとえんしゅう流について

大和遠州やまとえんしゅう流は、千利休の高弟の古田織部ふるたおりべに師事した小堀遠州公が開祖し三男政尹まさただに始まる小堀権十郎ごんじゅうろう家に伝わった茶道で武家茶道とも呼ばれております。 特徴は利休の「わび・さび」に加え茶室や庭や道具等茶事に関わるすべてに遠州えんしゅうの美意識を反映させた「綺麗きれいさび」にあります。 代々、力量・資質が優れた門弟の中から次期家元が選ばれ111年前に十八代が渡道し留萌に居を構え二十代より札幌が本部となり現在の二十一代に至り茶道の振興に努めております。

旭豊軒

旭豊軒きょくほうけん

静月菴

静月菴せいげつあん

内露地の蹲

内露地のつくばい

ライラックまつり茶席

ライラックまつり茶席

茶席と活動の紹介

1987年6月、当流20代家元継承の折『静月せいげつ会館』を建設しました。会館内には『静月菴せいげつあん』四畳半台目草庵風茶室だいめそうあんふうちゃしつ、『好日席こうにちせき』六畳間に 一間床、『旭豊軒きょくほうけん』十畳間から一間床を欠いた九畳の茶室、『洗心席せんしんせき』二十畳から一間半床を欠いた広間が有りこれらは遠州好みとして 20代家元の設計・管理により築造しました。当流には全国に10支部あり、札幌支部ではライラックまつり茶席、文団協茶席、過去には長年に 亘り中島公園で野点のだて茶会を行っておりました。

遙香棚

遙香棚ようこうだな

静心小卓

静心小卓せいしんこしょく

静月饅頭

静月饅頭せいげつまんじゅう

頌徳棚

頌徳棚しょうとくだな

当流のたなと菓子

お道具には、「家元お好み」の他に流独自のおたなとして「静月棚せいげつだな」「静心小卓せいしんこしょく」「頌徳棚しょうとくだな」「遙香棚ようこうだな」が有ります。 これらのおたなは18代家元から21代家元までの各家元の考案によって創られました。 また、当流のお菓子としては数種類有ります。 家元の家紋である「梅鉢うめばち」の入った「扇面静月せんめんせいげつ」の干菓子や「梅鉢うめばち」の焼印が押されている「静月饅頭せいげつまんじゅう」等です。 「静月饅頭せいげつまんじゅう」は毎年ライラックまつり茶席のお菓子として親しまれています。

茶道裏千家淡交会札幌支部連合会 活動紹介
「茶の湯に出会う、日本に出会う」

千利休と茶道_01
千利休と茶道_02
千利休と茶道_03

クリックするとポップアップ表示します。

千利休と茶道

千利休(1522~1591)は、貴族社会をはじめ、当時の武士や町人に至るまで、地位や身分を超えた精神世界としての草庵の茶、侘び茶を極め、その茶風は一世を風靡し、 茶と言えば利休と指すほどになりました。茶道は侘び茶が、精神文化として昇華したのです。
千利休の茶道に対する思いは、和敬清寂わけいせいじゃくの4字に表わされています。

和 :
お互い同士が仲良く、和し合う
敬 :
お互い同士が敬い合い、自ら慎む
清 :
身も心も清らか
寂 :
慌てない、動じない心
茶室とはじめてのお茶_01
茶室とはじめてのお茶_02
茶室とはじめてのお茶_03

茶室とはじめてのお茶

茶席「咄々斎とつとつさい」は玄々斎げんげんさいが天保十年(1839)、利休二百五十年忌に際し、造営した稽古の間を、安政三年(1856)宋旦そうたん二百年忌のために、改修した八畳の席です。 宋旦そうたんの号から「咄々斎とつとつさい」と命名されています。床脇とこわきには正面に大きな下地窓したじまどを開け、利休が秀吉から拝領した銅鑼どらが吊って あります。「初心者のための茶道教室」では裏千家北海道茶道会館の本格的な茶室「嘉祥軒かしょうけん」で楽しみながら学ぶことができます。正しい姿勢で季節のお菓子とお茶をいただきます。

濃茶

濃茶こいちゃ

薄茶

薄茶うすちゃ

風炉薄茶点前道具

風炉薄茶点前ふろうすちゃてまえ道具

炉薄茶点前道具

炉薄茶点前ろうすちゃてまえ道具

季節とお茶

薄茶うすちゃを点てる作法を薄茶点前うすちゃてまえといい、お点前てまえの基本で、五月から 十月までの期間は「風炉ふろ」、十一月から四月までは「炉」と季節で区別されます。

濃茶こいちゃ

濃茶は一つの茶盌で人数分練り、それを分けて飲みまわします。

薄茶うすちゃ

薄茶はきめ細かなを泡点て、一人ひとり別々に飲みます。

風炉薄茶点前ふろうすちゃてまえ道具

風炉ふろ】炭火をいれ、釜を懸けて、湯を沸かすための道具。
【釜】湯を沸かす器で、主に鋳物製のもの。
【水指】茶席で用いる水を入れる道具

炉薄茶点前ろうすちゃてまえ道具

【炉】囲炉裏いろりの略語で、炭火を入れ、湯を沸かすための設い。
蓋置ふたおき】釜の蓋や柄杓の合(湯を汲む部分)をのせるためのもの。
柄杓ひしゃく】釜や水指から湯水をすくう竹製の道具。

表千家同門会
札幌支部 活動紹介

表千家のあゆみ_01
表千家のあゆみ_02

表千家のあゆみ

少庵しょうあんの跡を継いで三代元伯宗旦げんぱくそうたんはわび茶に徹し日々を送り、子息の三男江岑こうしんは千家の家督不審庵ふしんあんを継ぎ紀州徳川家に仕え 茶頭役さどうやくを勤めながら利休居士より続くわび茶の古格こかくを守り、以来表千家代々の家元は千家流茶道の伝統を継承しています。

表千家の茶風を表す言葉
「水の流れるように」

すべてに極自然ごくしぜんであれということ、肩肘を張らず自然な姿でこそ主客のなごやかな交 わりが生まれます。水の流れるように自然な姿や、淡々とした心持で人をもてなしもてな され、主客の心を一つに結ぶのが私どものもとめる茶の湯です。 一服のお茶を大切に点て、季節感を豊かに持ち込んでくる時候じこうの花を生け、主客の 楽しい話題を引き出す道具を選び、一服のお茶を本当の意味の「おいしさ」に近づけて ゆくことを理想としています。

ライラック協賛釜

ライラック協賛釜

北海道神宮例大祭「添釜」

北海道神宮例大祭「添釜そえがま

開拓の村茶会

開拓の村茶会

活動紹介

ライラック協賛釜

雨が降らないだろうかと毎年心配しながらも多くの方々に、さわやかな薫風の中、一服のお茶を楽しんで頂いています。

北海道神宮例大祭「添釜そえがま

毎年北海道神宮お祭り協賛釜を6月14日に市民の方々に楽しんで頂いています。

開拓の村茶会

北海道開拓の村で毎年夏、表千家札幌地区青年部活動の一つとして開拓の村の建物を使い野点を行っています。

風炉薄茶点前道具
炉薄茶点前道具

茶の湯文化にふれる

市民講座と市民茶会

平成20年より市民の方々に茶の湯文化にふれてもらい、表千家の茶の湯への関心と理解を高めて頂くために始まりました。 令和3年は熊倉功夫くまくらいさお氏を講師にお迎えし、感染対策の上開催を予定しています。なお市民茶会は中止と致します。7月にポスター他にて御案内いたします。

煎茶道竹峯流
 活動紹介

竹峯流について_01
竹峯流について_02

竹峯ちくほう流について

日本には、古くから茶の湯として知られる抹茶道と、江戸中期に、大阪商人の間で生まれ、文人、墨客ぼっかく達が愛した煎茶道があります。 竹峯ちくほう流は、煎茶道本来の文人趣味(風流、風雅)の中にも現代に相応しいマナー、礼節を重んじながらも、特に、点前てまえは合理的な点を追求しつつ、今に至っています。 お茶席では、書画、骨董の鑑賞など、和やかな雰囲気の中にも、日本の伝統文化を学ぶことを大切にしています。

茶室と活動の紹介_01
茶室と活動の紹介_02

茶室と活動の紹介

煎茶道の茶室としては、特に形式は無く、日本家屋や洋風家屋などいずれでも、明るい雰囲気を好みとし、お茶席ではお客様へ「おもてなしの心」がすべてとなります。 活動内容としては、今日まで流の茶会のほか、チャリティー茶会(盲導犬協会、社会福祉、老人施設)などを行いました。また、専門学校の授業にも取り入れられています。 2015年には、経済産業省主催のミラノ万博関連事業として、ステッリーネ宮殿にて「japan salone」煎茶道を披露し4日間で約100名の参加がありました。

茶道具・茶菓子・茶花_01
茶道具・茶菓子・茶花_02

茶道具・茶菓子・茶花

茶道具は、季節に見合ったものを使い、竹、唐木、銀、すず、銅などを配したものがあります。また、杓には瓢箪ひょうたんを使ったりします。 茶菓子は、生菓子と干菓子のいづれも茶会の内容により使い分けます。 茶花には、山野草さんやそうを飾りますが一種ではなく、三種・五種・七種などとし、季節の花を用います。また、煎茶道独特の盛物もりものとして、季節の果物や野菜を飾ることもあります。

(公財)煎茶道方円流札幌支部 活動紹介

公益財団法人 煎茶道方円流_01
公益財団法人 煎茶道方円流_02
公益財団法人 煎茶道方円流_03

公益財団法人 煎茶道方円ほうえん

「水は方円ほうえんの器にしたがい、人は善悪の友にる」というモットーから1951年「方円ほうえん流」を設立。自由の精神、互譲ごじょうの心、豊かな人間性を 指導理念とし、京都本部を中心に、北海道から九州までと台湾・中国を含む23支部で活動しています。 中国明朝の文人墨客ぶんじんぼっかくが作り出した芸術運動のひとつである煎茶道。お茶を味わいながら陶磁器に触れ、文人華ぶんじんか、絵や書など幅広い芸術文化と一体となり、煎茶道の普及と発展に努めています。
「煎茶道方円流HP」はこちらからご覧いただけます。

札幌支部活動紹介・教室案内_01
札幌支部活動紹介・教室案内_02

札幌支部活動
紹介・教室案内

ライラックまつり、文団協フェスティバル、西野地区センター文化 祭、北の茶縁日和、室蘭市民茶会、釧路市藝術祭で茶席を担当。年1~2回支部主催茶会開催。 教室はサンプラザ文化教室、西野地区センター、道新文化センター、各教授者自宅、小樽、室蘭、釧路にて開講しています。 美しい所作で丁寧に淹れたお茶を静かに味わう幸せなひととき。そんな豊かな時間を過ごしてみませんか!
連絡先 島崎 朋園
TEL・FAX 011-666-3826

売茶翁と煎茶_01 売茶翁と煎茶_SP

売茶翁ばいさおうと煎茶

江戸時代中期、18世紀の京都。自由の文化が花開き、画家の伊藤若冲じゃくちゅう池大雅いけのたいがら文人たちが活躍しました。彼らの中心には一人の風変りな老人がおりました。 煎茶道の祖、高遊外売茶翁こうゆうがいばいさおう。もとは佐賀の禅僧でしたが、還暦を過ぎてから「清風せいふう」の旗を揚げ、東山や鴨川はんなど風光明媚なところで茶を 振舞う暮しに転じた人物です。茶禅一味の宗風を開き、最後はみずから茶道具を焼却したという売茶翁の生きざまや思想は、時を超え私たちを魅了します。 

いけばな作品展示

協力:札幌文化団体協議会いけばな部門

2019年に開催された第61回さっぽろライラックまつりで展示したライラックの花などを用いたいけばな作品を展示します。

  • いけばなの作品展示 1作品目

    大森千穂子フラワーアカデミー

  • いけばなの作品展示 2作品目

    池坊翆俊会

  • いけばなの作品展示 3作品目

    草月いけばな花・満天星

  • いけばなの作品展示 4作品目

    嵯峨御流北海道司所

  • いけばなの作品展示 5作品目

    草月流Kスタジオ

  • いけばなの作品展示 6作品目

    青山御流札幌支部

  • いけばなの作品展示 7作品目

    華道専正池坊

  • いけばなの作品展示 8作品目

    小原流札幌支部

  • いけばなの作品展示 9作品目

    龍生派札幌支部

  • いけばなの作品展示 10作品目

    池坊

  • いけばなの作品展示 11作品目

    池坊光明流清美会

  • いけばなの作品展示 12作品目

    池坊清月派札幌支部

いけばなの作品展示 13作品目

小原流にじの会

彩り字手紙の作品展示

協力:日本彩り字手紙協会

絵の具を使った筆で、漢字一文字に言葉を添えた「彩り字手紙」の作品を展示します。

  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 1作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 2作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 3作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 4作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 5作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 6作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 7作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 8作品目
  • 加藤青園 彩り字手紙の作品展示 9作品目
加藤 せい えん
札幌市生まれ。国際書道協会本部役員。月刊書道誌「書の研究」編集委員・手本執筆者。
日本書道アカデミー書道大学講座准教授(研究科担当)。元、東京理科大学非常勤講師。
・教室
コープさっぽろ中央文化教室(住所:札幌市中央区北1条東1カレスサッポロビル3F TEL:011-222-4639
ちえりあ青園教室(住所:札幌市西区宮の沢1-1 TEL:090-9088-9696
  • 鈴木春想 彩り字手紙の作品展示 1作品目
  • 鈴木春想 彩り字手紙の作品展示 2作品目
  • 鈴木春想 彩り字手紙の作品展示 3作品目
  • 鈴木春想 彩り字手紙の作品展示 4作品目
  • 鈴木春想 彩り字手紙の作品展示 5作品目
  • 鈴木春想 彩り字手紙の作品展示 6作品目
  • 鈴木春想 彩り字手紙の作品展示 7作品目
鈴木 しゅん そう
小樽市生まれ。国際書道協会本部理事。
月刊書道誌「書の研究」学生版編集委員・硬筆部手本執筆。書道大学通信講座「日本書道アカデミー」同窓会事務局長。
・教室
拓北・あいの里地区センター(住所:札幌市北区1条6丁目 TEL:080-1865-7598
  • 清野春荘 彩り字手紙の作品展示 1作品目
  • 清野春荘 彩り字手紙の作品展示 2作品目
  • 清野春荘 彩り字手紙の作品展示 3作品目
  • 清野春荘 彩り字手紙の作品展示 4作品目
  • 清野春荘 彩り字手紙の作品展示 5作品目
清野 しゅん そう
羽幌町生まれ。国際書道協会本部役員。
月刊書道誌「書の研究」学生版編集委員・手本執筆者。日本書道アカデミー書道大学講座准教授(基礎科・師範科担当)。
・教室
みどりの会館春荘教室(住所:札幌市北区篠路8条6丁目 TEL:090-1642-0334
コープさっぽろ新道文化教室(住所:札幌市東区伏古11条3丁目 TEL:011-788-9340
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 1作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 2作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 3作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 4作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 5作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 6作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 7作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 8作品目
  • 大橋静琴 彩り字手紙の作品展示 9作品目
大橋 せい きん
富良野市生まれ。国際書道協会本部役員。
書道大学通信講座「日本書道アカデミー」准教授。月刊書道誌「書の研究」ペン字手本執筆者。
・教室
静琴書道学院(住所:富良野市本町10-34 TEL:090-8638-8045

ライラック娘の
活動紹介

協力:北海道私立専修学校各種学校連合会札幌支部

ライラック娘の活動内容を紹介するほか、ご協力いただいている
北海道私立専修学校各種学校連合会札幌支部所属の専門学校生によるメッセージ動画を公開します。

ライラック娘活動
紹介動画

ライラック娘紹介

ライラック娘とは

ライラック娘 写真01 ライラック娘 写真02

北海道私立専修学校各種学校連合会札幌支部に所属する札幌の専門学校生がライラックの花をイメージした衣装に身を包みます。
ライラック娘の歴史は古く、今から48年前の1973年開催の第15回から始まり、以来継続して行われてきました。

ライラック娘の活躍

ライラック娘 写真03 ライラック娘 写真04

ライラック娘は各種行事に参加するほか、来場者と一緒に記念撮影を行うなど、これまでさっぽろライラックまつりの雰囲気を大いに盛り上げて来ました。最近では、ライラック娘専用ブース設置し、専門学校の活動紹介や来場者との交流場所として活用されています。

第62回に続き第63回目を迎える今回も、新型コロナウイルス感染状況に鑑み、会場での実施見送りとなりましたが、公式ウェブサイト上で札幌ファッションデザイン専門学校DOREME、北海道文化服装専門学校、宮島学園北海道ファッション専門学校によるライラック娘の活動紹介動画を上記のとおり公開しております。

ライラック娘の
衣装について

ライラック娘 写真05

2015年に服飾専門学校3校の学生による衣装デザインの審査会が行われ、選出されたデザインによる衣装が第58回(2016年)さっぽろライラックまつりより使用されています。

現在の衣装デザインは、ケープと色味は赤ずきんちゃんをモチーフにし、かわいらしい雰囲気になっています。
ケープをつけ、5月の気温差に合わせて脱ぎ着できるようにしています。

どこからでも目を引く赤を基調とし、ライラックまつりに来るお客様に年齢層に関係なく愛される衣装を目指してデザインされました。

※写真は過去のイメージです

トップへ戻る